美容外科のココだけの話

###Site Name###

私は骨を「切る」のではなく「ていねいに削る」ことで、自然なラインに近づけていくという方法を採用しました。この方法ならば、その人に合った絶妙なフェイスラインを生み出すことができるのです。
それを可能にしたものが、数々の最先端機器です。最新世代の超高速パワーシステムと、最新レーザーカットーソー。
切開に用いる高周波機器。手術中に骨の削り具合を確認するファイバースコープ。
これらのハイテク機器に卓越した技術力と研ぎ澄まされた美的センスが加わり、さらに必要に応じて『デジタルーコンピューターシミュレーションーシステム』を組み合わせることで、パーフェクトな仕上がりを追求しています。まさに、熟達の能面師が面を彫りあげるのに似て、技術と感性のすべてを傾けて、美しいフェイスラインを創っていくのです。
最新世代の超高速パワーユニット、だから確実医療機器の最新情報をいち早くキャッチし、実際の治療に採り入れることは、Kクリニックの大きな特徴といえます。それは輪郭の手術においても、変わりはありません。

医療脱毛を調べるならこのサイトです。

レーザーカットーソーは骨を切ったり削ったりするためのものですが、Kクリニックで使用しているのは最新世代のもの。従来機種をはるかにしのぐ超高速のパワーユニットが搭載されており、確実な施術が可能です。
また切開に使用する高周波機器は、高密度で微細な高周波電流を発生させ、細胞ひとつひとつに作用します。そのため正確に切開し的確に止血することができ、術後の経過を良好に保つことにも役立っています。
もちろん、これらの機器は患者さんの状態に合わせて細かく調整されます。それでこそ最大の効果を発揮することができるのです。
ファイバースコープで確認するから安全レーザーカットーソーによる骨の削り具合を確認するのが、もうこれは大光量のH−LUXランプと高感度のHYPERHADCCD(カメラ)を備えており、高品質の解像度と安定したイルミネーションが得られます。操作性も抜群で画像も鮮明ですので、手術をしながら「どこを、どのようにすれば良いか」を正確に把握することができます。
このファイバースコープを採り入れたことで、美しい仕上がりをより確実に得られるようになりました。骨の形状を確認しながら手術を進めますので、医師のカンだけに頼ることなく、デザインした通りのフェイスラインが実現するのです。
エラの整形卵形のスッキリした小顔は女性の憧れ。

検索ミラドライならこちらのサイトがオススメです。