小動物看護師について

小動物看護師は、日本ペット技能協会が認定している独自の資格になります。

小動物看護師の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

特に犬猫を中心にペットとして扱われている小動物の看護・動物での医療助手の仕事に必要となる技能を認定しています。
小動物看護師の働く場所は、動物病院・ペット飼育・販売の現場での質病予防に重点を置いた活動や助言をすることが出来ます。ペット美容やトレーニングをするにしても整体の健康状態を観察することは大切で愛犬家に対しての健康管理にもアドバイスが必要になります。

そして、小動物看護師は、高いレベルの知識と技能を持つべきでもあり、動物病院では獣医師の補佐や整体の取り扱いから疾病・感染予防の主務者として日常の業務を追考できる能力を持つことも可能です。



小動物看護師の受験資格は、技能協会が認定している学校のカリキュラムの履修を終了している事です。

一緒にスキルアップを目指して、トリミング技能講習を受講しておくこともおすすめになります。



年齢制限も特になく学生から主婦の方など幅広い方が受けていて、トリマーに次いで受験する方が多い資格でもあり、認定試験の方式は筆記試験のみです。

動物愛護法の改正などから動物との関わりも見直されている中、ペットとの共生社会にも不可欠な資格です。ペットが少しでも愛犬家達と長い時間を過ごしていけるようにも、小動物質が少しでも長い時間健康で生き続けていけるためにも今後は、ますます役割を期待されていく資格でもあります。

top