小動物看護師の資格とは

小動物看護師は犬や猫など一般的なペットとされる小動物の看護介護や医療の知識を持ち、動物病院やペット飼育、販売の現場で疾病予防に重点をおいた活動やアドバイスを行います。

ペットビジネスに従事する人に必要とされる知識や技能を認定する資格です。

小動物看護師のお役立ちコンテンツ満載です。

協会指定のカリキュラムを修了すると受験資格を得ることができ、通信講座で学ぶことができます。



認定試験は筆記試験のみで年齢制限はありません。小動物看護師の資格は動物看護に関する高いレベルの知識と技能を学んで、獣医師の補佐や生体取り扱い現場での疾病や感染予防の主務者として日常の業務を遂行できる能力を身につけることができます。
これからペットビジネスに従事する人や、すでにプロフェッショナルとしてペット業界で働いていてさらに上を目指す人の可能性を広げます。
動物病院だけでなくトリマーやトレーナー、シッター、ブリーダーなどペットの美容やしつけ、訓練などを行う仕事の場合でも動物の健康状態を観察することは大変重要です。
小動物看護師の資格を得ることで自信を持って健康管理上のアドバイスが適切にできるようになり、飼い主からの信頼にもつながります。

動物愛護法の改正など近年では動物との関わり方が変化していく中、ペットとの共生社会に不可欠な資格として小動物看護師の役割はますます期待されています。



ビジネスとして学びたい人だけでなく、自分自身の愛犬や愛猫のために学習したい人にもおすすめの資格です。

top