トリマー2級の資格取得はプロのトリマーへの第一歩

ペット関係のお店で動物の手入れを行うトリマーの仕事に携わっていきたい場合に、トリミング関係の資格を取得しておくと役に立つことが多いです。

トリマー2級の特徴についてをいくつか紹介しています。

そのトリミング関係の資格で代表的といえるのが、ペットの扱いに関する技能検定を行っている一般社団法人が創設しているトリマーライセンスです。

現在、トリマーライセンスには2級、1級、教師の3つの等級があり、下級の検定に合格すれば1つ上の等級の試験を受けられる仕組みになっています。したがって、プロのトリマーを目指すにあたってライセンスを取得しておきたい場合は、自ずとトリマー2級の取得が最初の目標になります。トリマー2級に合格すると、ペット美容室やショップなどでトリマーの仕事を行う従業員として働けるだけの知識や技能が備わっていると認められ、採用選考に応募したときに有利にはたらく可能性があります。



トリマー2級の検定を受けるためには、試験を実施する一般社団法人が指定するカリキュラムを修了しなければなりません。つまり、トリマーを養成する専門学校に入ったり、トリミングを学べる通信講座に申し込んで、専門の講師から基礎的な技術を習得する必要があります。

開講期間は2級のみの取得を目指す講座は6ヶ月前後、1級の取得が目標になっている講座だと10ヶ月程度となっています。
トリマー2級の試験要項はカリキュラム修了後に配布される書類に記載されており、それにしたがって受験することになります。


検定は筆記と実技から成り、両方に合格することで資格取得となります。



top