トリマー2級の資格取得はプロのトリマーへの第一歩

猫健康管理士とはどんな資格か?

猫健康管理士は一般社団法人全日本動物教育協会(SAE)が認定する資格です。取得するためには、この協会が実施している通信講座を受講し、合格する必要があります。
猫の病気予防や健康対策などに関する総合的な知識を学ぶことを目的とした資格です。

猫健康管理士に関する疑問が解決できます。

猫健康管理士の教材の内容は、猫の基礎生態学・行動学・遺伝学・伝染病、グルーミングの方法などからなります。


試験の難易度は、教材の内容を習得すれば中学卒業程度の学力で合格できるレベルです。



受講は随時受け付けており、受講期間は6ヶ月です。

受講料は6万円ですが、割引キャンペーンが行われることがあります。


合格すると認定証がもらえる他、別途10800円でペット関連施設などに掲示するための「資格取得者在勤施設証明書」を発行してもらうことができます。

この資格を活かせるのは、まず猫カフェ・ペットトリマー・ペットショップなどで猫に関する仕事に従事する場面です。

これらの業種への就職や転職を希望している場合には、この資格を取得していることで採用が有利になる可能性が高まります。すでに猫に関する仕事をしている場合も、資格を取得していると同僚やお客様からの信頼が高まるはずです。


講座を受講することで身に付けた知識そのものが猫に接する業務で大いに役立つでしょう。
そして猫健康管理士は猫の健康に関する総合的な知識の取得を目指したものですので、仕事で猫に接する人のみならず、ペットの猫の健康管理にも有用です。



あらゆる猫好きの人にも強くおすすめできる資格と言えるでしょう。

最新知識

小動物看護師は、日本ペット技能協会が認定している独自の資格になります。特に犬猫を中心にペットとして扱われている小動物の看護・動物での医療助手の仕事に必要となる技能を認定しています。...

more

学校について思うこと

小動物看護師は犬や猫など一般的なペットとされる小動物の看護介護や医療の知識を持ち、動物病院やペット飼育、販売の現場で疾病予防に重点をおいた活動やアドバイスを行います。ペットビジネスに従事する人に必要とされる知識や技能を認定する資格です。...

more

基礎知識

トリマー2級を取得する方法には、専門学校と通信講座の2種類があります。専門学校は定期的に通う必要があるので、社会人が働きながら資格の取得を目指す場合は不利です。...

more

学びたい知識

ペット関係のお店で動物の手入れを行うトリマーの仕事に携わっていきたい場合に、トリミング関係の資格を取得しておくと役に立つことが多いです。そのトリミング関係の資格で代表的といえるのが、ペットの扱いに関する技能検定を行っている一般社団法人が創設しているトリマーライセンスです。...

more
top